協会概要

●ごあいさつ
〈すばらしい音楽を より多くの人々へ〉

 今年は、当協会の前身である音楽マネージャー協会が発足して55年、社団法人になって20年の節目の年となりました。この間、我が国はクラシックからアニメ・ゲーム音楽まであらゆる音楽を常に鑑賞することが出来る、世界に誇る音楽大国にまで成長いたしました。
 しかしながら、芸術であるクラシック音楽に関しては、まだまだ多くの人々の身近な音楽になっているとは言えません。

 
 当協会は発足以来、クラシック音楽に関わる事業者、劇場ホール創造団体、教育機関、マスメディアなどを網羅する、クラシック音楽界唯一の組織としてクラシック音楽の発展のために活動してまいりました。事業活動では、若い世代にクラシック音楽の感動体験をプレゼントする「ジャパン・クラシック・フェスティバル」を始め、人材育成の為のシンポジウムや研修会、又学生や一般の方々へのコンサート制作公開講座、「地域創造」との共同事業であるホールに新進アーティストを派遣してアウトリーチやコンサートを実施する「公共ホール音楽活性化事業」など、クラシック音楽の普及と音楽界の人材育成を目的に、多彩な事業活動を展開しております。
 
 現在、我が国には、少子高齢化の急速な進展、大都市と地方との格差、原発事故によるエネルギーと環境問題、アジア隣国との関係など、難しい課題が山積しております。しかしながら、どのような社会であっても、そこに生きる私たちにとって不可欠なものは、人間に「喜びと感動と励まし」を与えてくれる優れた文化芸術です。あらゆる人間社会において、その土台を作るものは芸術文化であるといっても過言ではありません。
 そういう意味において、いま多くの文化関係者によって進められている『文化立国』を目指す運動には、わが協会も心より賛同するとともに、その一翼を担っていきたいと思います。
 
 そして、来る2020年にはスポーツと文化の祭典「東京オリンピック」が計画されておりますが、このオリンピックを契機に、わが国にも『文化省』が創設されることを強く期待するものです。わが協会は、関係する皆様と共に手を携えて、「芸術文化の花開く文化国家」に向かって、諸事業を進めてまいりたいと考えております。
 皆様には変わらぬご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

平成27年5月
一般社団法人日本クラシック音楽事業協会
会 長    関 田  正 幸

●名称  一般社団法人日本クラシック音楽事業協会
       (英文名:Japan Association of Classical Music Presenters)
       (略称・愛称: CLASSIC  クラシック)   

●所在地 〒141−0031 東京都品川区西五反田8-1-1 鈴友ビル4F
       TEL 03-5719-7601   FAX 03-5719-7603

●社団法人設立
平成7年11月1日 通商産業省認可
  監督官庁=経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課(平成25年3月31日まで)
平成16年5月24日 文部科学省認可
  監督官庁=文部科学省 文化庁 文化部 芸術文化課(平成25年3月31日まで) 

●一般社団法人移行
平成25年4月1日 内閣府認可

●目的
本会は、クラシック音楽事業(クラシック音楽に係るマネジメント事業、ホール事業、出版事業、放送事業、情報提供事業等の事業をいう。)
並びにクラシック音楽文化活動に関する人材の育成、調査及び研究、普及及び啓発等を行うことにより、クラシック音楽事業及びその関連産業の振興並びにクラシック音楽文化の発展を図り、もってゆとりある豊かな国民生活文化の向上に寄与するとともに、経済の健全な発展及び国際相互理解の増進に資することを目的とする。


●事業内容
この法人は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
 (1)クラシック音楽の普及事業
 (2)音楽文化の発展のための事業
 (3)その他この法人の前条の目的に適う事業
 尚、この法人の活動及び事業は、日本全国で行うものとする。


●組織



会員(91社、団体・個人)※2017年4月現在
・正会員(38社、団体・個人)
・賛助会員(53社、団体・個人)

正会員=クラシック音楽事業[クラシック音楽に係わるマネジメント事業、ホール事業、出版事業、放送事業、情報提供事業等の事業をいう。]及びクラシック音楽文化活動を営む法人又は個人並びにこれらの者で構成する団体。
賛助会員=本会の事業に協力しようとする事業者、法人、団体、個人。


●役員 平成27年5月15日現在


●沿革
1948年 「音楽マネージャークラブ」として発足
1950年 「音楽マネージャー協会」と改名
1993年 「日本音楽マネジメント協会」と改称
1995年 通商産業大臣(当時)の認可を得て「社団法人日本クラシック音楽マネジメント協会」として法人化
1999年 「社団法人日本クラシック音楽事業協会」へと改名※
2004年 文部科学大臣の認可を受け、経済産業省及び文化庁の共管社団に
2013年 「一般社団法人日本クラシック音楽事業協会」へ移行(公益法人制度改革に対応)

※クラシック音楽に携わる多くの関係団体の協力を得、クラシック音楽及びその関連事業の振興を図り、幅広いクラシック音楽活動を展開していく為

日本クラシック音楽事業協会の歩み


入会のご案内


定款

IR関連情報
平成28年度

平成27年度

過去の事業年度はこちら>>