令和2年12月1日付改定のお知らせ 「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

一般社団法人日本クラシック音楽事業協会(加盟団体93団体)、公益社団法人日本オーケストラ連盟(加盟団体38団体)、公益社団法人日本演奏連盟(全国の音楽実演家等3,155人加盟) ほかで構成された、”クラシック音楽公演運営推進協議会” において「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の令和2年12月1日改定版を取りまとめましたので、公表いたします。


*声楽・合唱・オペラ公演等の項目などが改定されました。

*今般の改定で、当ガイドラインは主にプロフェッショナルを対象とすることを前提とする旨追記されました。

*今般の改定に伴うガイドラインの取り扱いは当面来年2月末までとなっております事をご了承ください。

*当協議会で実施した声楽・合唱に関する科学的検証の正式報告書につきましては12月11日に公表予定です。

[2020/12/14追記] 「声楽・合唱における飛沫感染リスク検証実験」報告書の巻末に、付録として、「Q&A」があります。 当ガイドラインの記載に基づき、想定される質問に対する回答を記載しております。 ガイドラインと合わせてご活用ください。


ガイドラインのダウンロードはこちらから(PDF)>>

新旧対照表のダウンロードはこちらから(PDF)>>